葛きりとホタテのスープ

  • 2010/05/30(日) 19:00:55

ホタテは冷凍ものでも蒸しものどっちでも、
それなりに風味がのっている。

一般的に焼くと想像以上に風味が増す。
食欲がないときに貝類を食べる場合、
決まってホタテを食べる。
これは缶詰や刺身でもなんでも
あればそれを選ぶことが多い。

空腹のときは口が軽くなりやすいという、
これはどうも迷信というか、
いい加減な言葉じゃないかと
思う。

確かに腹が減ってれば食べたいときは騒ぐことも
子供の場合あるが、
大人の場合は騒ぐようなことはしないと思うからだ。

その留まるという行為について、
外見的な内容と内面という内容の二面性をもつことになる。

結局はこれが厄介なことになる原因になるわけで、
真実となるとまた内面は眼差しからでないと
感じ取れない。
しかし腹がっていると伝わって来ることが多いという
話も聞いた事があるが、
実際のところはどうなのかというか、
そんなところでもあったりするわけです。


乾燥葛きり...40g
ホタテフレーク缶...1缶
ニンジン...3cm
刻みミツバ...適量

[スープ]
水...700cc
固形チキンスープの素...2個
酒...大さじ3

塩コショウ...適量





作り方

1.乾燥葛きりは、袋の指示通り柔らかくもどす。

2.ニンジンは皮をむき、千切りにする。

3.鍋に[スープ]を入れて火にかけ、煮立ったらニンジン、葛きり、ホタテフレーク缶を汁ごと加える。

4.ニンジンがしんなりしたら、塩コショウで味を調え、器によそい、刻みミツバを散らす。

刻んでおくと便利だけど、
あんまり早く刻んでしまうと水っぽくなってから、
それからパサついてしまう。
このようなことはよく注意していることだ。